インテリアオプション販売会

インテリアオプションとは建築工事以外で内装をグレードアップするオプションを指します。
皆さんにも馴染みのある商品ですとカーテンやエアコン・照明器具などがあります。
聞き慣れないものですとフローリングに施すコーティングやエコカラット、窓ガラスフィルムやバルコニータイルも
人気があります。
置き家具ではなく据付けるオーダーメイドの家具も魅力あるオプションです。
マンションの完成前に販売会が開催され購入すると引き渡し前に設置してくれると言うサービスです。
非常に魅力的な商品ですがマンションの事業主斡旋の為、業者間での中間マージンが多く発生するので
価格も市場より割高なのが残念な点です。
また高額なマージンを誤魔化すために商品の使用を見えない部分で下げたりするのが最近の流行のようです。

一般店と比べて価格や商品に大差のない商品とは

玄関ミラーやアクセントクロス、レンジフィルターはインテリアオプション会の一斉工事が割安だったりします。
また施工量によっては窓フィルムやバルコニータイルは差が少ないかもしれません。(施工面積が少ない場合)
その際はオプション会を利用した方が利便性も良く得かもしれません。
逆に造作家具やエコカラット、コーティングは外部業者の方が商品クォリティも高く安価かもしれません。
トータルの利便性も考慮して効率良く発注しましょう。

こんなケースは迷わず外注しましょう

こだわりのある造作家具を検討したり、施工面の多いエコカラットは断然外注がお得です。
外注の場合にはお客様の都合に合わせて打ち合わせが何度もできるため、複雑な要求に向いています。
また発注量が多い場合にはスケールメリットを生かして値引き交渉もできるからです。
良くあるケースですが100万円を超える購入の場合にはオプション会と比べ差額金で洋室のエアコンや
家電が買えるくらい違う事もありますので早めに相談する事をお勧めします。

外注先も沢山あり過ぎて迷ってしまう

ネット検索しますと沢山の業者さんがヒットしますので正直迷ってしまいますよね。
似ているコンテンツが掲載されていると思いますが独自の記事もあると思います。
それこそがオリジナリティなんです。
似ているコンテンツは概ねメーカーのカタログからの抜粋記事です。
そんなホームページの会社は辞めた方が良いです。
キッチリ可動している会社のホームページは同様に更新している事が多いです。
売れているショップへ相談してみましょう。