シートフローリングとは?

従来型の一般的な複合合板フローリングは表面の仕上げ材が無垢材の単板を使用しており
木目も同じものはありません。(天然木の節が存在します)
その為、見た目や色も大きく異なるのが特徴です。
天然木を使用しているので表面の板が割れないように定期的にワックスを塗布する必要がありました。
それらを回避するのに開発されたのがシートフローリングです。
先発の突板フローリングと大きく異なるのは表面の仕上げ材は天然木ではなく木目柄のプリント紙です。
その為、ワックスのメンテナンスが不要となりました。
当然ですがプリント紙にワックスを塗っても意味が無いので・・・。
その代り表面が無垢材と比べ柔らかいので打痕跡が非常に付きやすいです。
また表面が紙ですので水分の吸収が多いので足跡(油汗)や溢したものの染みが付きやすいです。
見た目は良いのですがワックスが不要になっただけで汚れは付きやすくなってしまいました。

適しているコーティングの種類

シートフローリングは無垢板ではないので先の説明の通り表面素材が水分の吸収が良いのです。
その為、突板に使用するコーティング剤で施工しますと所々ムラがでたり光沢のない仕上がりになっていまいます。
(塗り方により多少マトモになりますが)
UVコーティングの場合にはシートフローリング用の下地材(プライマー)がありますので
適切な配合と塗り方で綺麗に仕上がります。
(材料だけでは綺麗に仕上がりません)
現地配合による配合論で光沢も変わり仕上がりに大きな影響があります。
UVコーティングは紫外線を照射する事で瞬時に硬化させる技術のコーティングです。
良くある騙し的なUVカットするコーティングとは違いますのでお間違いの無いようにお気を付けください。

メンテナンスが不要になります

シートフローリングは適切なコーティングを施工する事によりメンテナンスが不要となります。
基本的なお手入れは簡単な水拭きやモップ掛けでよくなります。
また表面は強靭な塗膜に覆われますので小さなお子様がいらっしゃる家庭では定期的なアルコールによる除菌も可能です。
UVフロアコーティングは耐薬品性、耐衝撃性、耐摩耗性、耐熱性に大変優れた商品です。

同じ材料でも大きく異なる仕上がり

最後にひとつだけお気を付け下さい。
UVフロアコーティングは大変優れた素晴らしい商品ですが施工する商品ですので
同じ材料で施工しましても職人により仕上がりは大きく異なります。
施工経験の豊富な職人と材料を熟知している会社へ施工はご依頼ください。
UVコーティングの材料(液剤)は現地配合が原則です。(作り置きはできません)
現地を見て判断できる熟練の職人の居る会社がベストです。